【Yahoo!】のWEBデザイナー求人情報

TOP >> 大手企業(自社サイト制作) >> Yahoo!

Yahoo!のWEBデザイナー求人情報を探すなら!

日本国内で最も多く利用されている検索エンジンといえばYahoo!です。最近ではGoogleを利用される方も多くなっていますが、しかしながら未だなお根強く人気があり、またYahoo!JAPANはSoftbankと業務提携していることもあって、iPhoneユーザーなどにも大変馴染みのある企業といえるでしょう。Yahoo!のWEBデザイナー求人を探す場合、米国法人のYahoo!のWEBデザイナーとして渡米して業務を行おうという方もいらっしゃると思いますが、その場合はYahoo!JAPANのWEBデザイナーとして勤務した後、Yahoo!本社への転向を考えていくと良いでしょう。

Yahoo!JAPANでは現在「第二の創業」と銘打ったプロジェクトを進行中で、それはすなわちパソコンベースではなく、スマートフォンへの移行をベースとしたサービスの強化・リニューアルするなど、新たな分野への成長戦略を掲げて、そのために様々な事業戦略を打ち出し、実行しています。

Yahoo!JAPANのWEBデザイナー求人に関してですが、WEBデザイナーの業務内容としてはWEBサイトやアプリケーションの開発においてUIデザイン・フローチャートの定義・作成、ビジュアルコンセプトの設計・作成、オーサリングやコーディング、それらに関する仕様書の作成などとなっています。これらの実務経験を持っており、かつPhotoshopやIllustrator、MV(Microsoft Video)、MS Officeの各ソフトを使用した実務経験、各種マークアップ言語を利用した設計経験が応募に際し、必須のスキルとなります。さらにPHPやHTML5、スマートフォンやタブレット端末など各種デバイスにおいて、WEBサービスやアプリケーション、それに合わせたデザイン設計・実装などの経験がある方はより優遇されます。何より即戦力として、開発案件に関して設計・作成・実装などの業務を行える人材を求めており、未経験での応募は難しく、これまでWEB製作会社などでフロントエンドにより業務を行ってきた方などが挑戦していくべき環境であるといえます。

Yahoo!JAPANのWEBデザイナー求人を探す場合、多くの方が既にそうしているでしょうが、転職支援サイトや転職エージェント、およびYahoo!JAPANの公式ホームページなどから情報を集め、どんどんアピールしていくことが重要となります。Yahoo!は全世界的には2位ですが、日本国内においてはなおもトップのWEBサービスを展開しており、検索エンジンとしても常に課題解決を目指し、一歩進んだ戦略を行っています。これらの要件をしっかり把握し、かつユーザビリティを考え、スピーディーにPDCAを行っていけなければならないため、中途半端な経歴で求人を探してはいけません。自分なら出来ると核心を持っている方ならば、転職サイトで情報を得た後に、直接応募していける気概が必要となります。


Copyright © 2014 【WEBデザイナー求人東京ナビ】 All Rights Reserved.