【よくある条件】のWEBデザイナー求人情報

TOP >> よくある条件

WEBデザイナーの求人検索でよくある条件

WEBデザイナーの求人情報を検索していると、よく見かける採用側の条件として@PhotoshopやIllustratorなどを使用したWEBデザイン経験、AHTMLやCSS、さらにjavascriptやFlashによるコーディング知識・経験、B実務経験○年以上、Cプランナーやクリエイター、クライアントなどとのコミュニケーション力、D今までの実績・制作物(ポートフォリオ)の提出、などといったものが挙げられます。

Adobe社のPhotoshopやDreamweaver、Fireworks、Illustratorなどを利用してWEBデザインおよびWEBサイトの作成を行っている企業が大多数を占めており、それらに関する知識はもちろん、実際の使用経験、および製作の実績、かつ基本的なデザインに対する理解、イラスト作成に関する知識・スキルなどを採用基準における必須条件として定めている企業が多くなっています。

HTMLやCSSの知識はWEBデザイナーであれば必要最低限の知識となり、コーディングにおいて、たとえDreamweaverやFireworksなどを利用してマウス操作によって視認性を利用してWEBサイトの作成が可能であるとはいえ、きちんとソースコードを理解し、なおかつ自分でコーディングを行っていけなければ、WEBデザイナーとして十分にスキルがあるとは認められません。

実務経験の年数に関しても、正社員またはそれに準ずる形式での採用の場合、とくに中途採用の場合は年齢に応じた経験年数および実績を非常に重視する傾向が強く、即戦力足りうる人材をあらゆる企業で欲しているという現状があります。このためまったく業界未経験、または担当する業務の経験がない場合でも、最低限WEBデザイナーとしてこれまでどのような業務に携わり、またどのレベルで業務を行ってきたのかということを明確に提示できるスキル・経験が必要となってきます。これはポートフォリオの提出とも関連し、実際にこれまで手がけてきたデザインやWEB制作物などを、例えばPhotoshopで作成したものであればPSDファイルを、Illustratorで作成したイラストやデザインの大枠などであればaiファイルを、コーディングに関してはCSSファルやJavascriptを含めたHTMLファイルなどを提出できるようにしておかなければなりません。全くの実務未経験でも良いという場合も、最低でも自作のWEBページやデザインを提出できるようにしておくことが大切です。

またWEBデザイナーはクライアントやディレクター、プランナーなどとの打ち合わせをもとに、それに応じてデザインをピクセル単位で常に修正しいかなければならないなど、綿密なコミュニケーションが必要となる業務です。そのため制作プロセスにおいて各セクションで情報の伝達に不備が無いよう、綿密に連絡を取り合い、さらによりよいものを目指すために自分のアイディアなどをしっかり提示できる能力も重要となります。

<WEBデザイナーの求人を探すときによく検索される条件>
女性歓迎
残業なし
既卒応募可
新卒応募可
実務未経験歓迎
短期限定
英語が活かせる
障害者
週3勤務


Copyright © 2014 【WEBデザイナー求人東京ナビ】 All Rights Reserved.