【英語】のWEBデザイナー求人情報

TOP >> よくある条件 >> 英語

英語が活かせるWEBデザイナー求人を探すなら!

昨今のグローバルビジネスの潮流を受けて、英語スキルを重要視する企業があらゆる業界・業種において増加傾向にあります。これはWEBデザイナー、ひいてはIT関連の仕事においても同様であり、今後国際間での交渉等を行っていく上でも英語のスキルは非常に重要となります。例として国内最大級を誇るオンラインショッピングモールである楽天市場を運営する楽天株式会社では公用語に英語を取り入れていたり、また採用の際TOEICのスコア800点以上が条件であったりするなど、英語力を前提としたWEBデザイナーの採用をすすめています。

一般的にWEBデザインの世界ではそこまで重要視されることのない英語のスキルですが、実際はWEB関連の最先端の情報などは英語サイトで公表されることも多く、また様々なデザイン関連のニュースにおいても英語での読解力が必要となるシーンが幾つもあります。さらにWEBデザイン関連の業務の一つに、外国のサイトの日本向けページへの仕様変更などもあり、その際仕様書は当然英語で書かれているため、それらを正確に把握するためにも英語力は必要となってきます。グローバルビジネスを展開する企業であれば、現地とのやりとりにおいて英語が必要とされるシーンは日常的に発生し、それをもとにプランニングやデザインの草案などを決めていかなければならないシーンも多く存在するので、英語が活かせる現場は非常に多くなってきていることがわかります。

またWEBデザイナーにとって重要な最新のトレンドをおったデザインを学ぶ上で、外国のサイトを研究することは非常に重要なこととなります。その際単純にデザインだけを学ぶのではなく、ソースコードや様々なエクスプレッション等を理解していくために英語のスキルは必要不可欠となり、そのスキルは今後も活かされていく場面が多数出てくるものとなります。

英語が活かせるWEBデザイナーの求人を探す場合は、転職求人サイトを利用すると良いでしょう。そこで検索条件などに英語が活かせる企業を指定すれば、様々な分野で英語が必要とされる求人情報を見つけることが出来ます。もちろんその最必要とされるスキルとしてIllustratorなどを使用したWEBデザイナーとしてのスキル、また実務経験の有無なども重要とされますが、プラスして英語力に自信があればそのことがプラス評価となって採用に一歩近づくことになります。一般的には最低レベルでTOEIC680点以上、800点以上あれば十分に英語スキルがあるとみなされます。またTOEICを受験していなくてもビジネスレベルでの英語のやりとりが行えるのであれば、問題なく採用まで進むことも出来ます。企業がどのレベルを求めているのかもサイトを通じて調べられますので、活用しましょう。


Copyright © 2014 【WEBデザイナー求人東京ナビ】 All Rights Reserved.