【週3】のWEBデザイナー求人情報

TOP >> よくある条件 >> 週3

週3勤務のWEBデザイナー求人を探すなら!

一般的にIT業界というものは毎日残業があり、超過勤務や休日出勤は当たり前と思っている方も多いのではないでしょうか。それはWEBデザイナーとしての仕事においても同様とされており、そのため実際に仕事を始めてからはプライベートの時間を確保できなかったり、または超過勤務によって身体を壊してしまったりするはないか、といった不安を覚えている方もいらっしゃるでしょう。しかしながら、WEBデザイナーの求人案件の中には、希望の勤務条件を実現できる案件も確かに存在しているのです。その中には週3勤務可能な求人案件もあり、仕事とプライベートを十分に両立することができたり、または他の仕事を行いながらWEBデザイナーの仕事もしたいというダブルワークを考えていたりする方などに最適な勤務方法と言えます。

週3勤務の雇用形態はアルバイトまたは派遣での仕事となるのが一般的です。時給に関しても通常の勤務形態と変わらないため、単純に勤務日数の減少とそれに伴って収入等も変化するというものになります。そのため家事や育児などで都合が取りにくい方やダブルワークなどを行っている方などがWEBデザインのスキルを活かして仕事を行っているのが現状です。新たに週3勤務でWEBデザイナーの仕事を始める場合は、WEBサイト製作実績、2年以上の実務経験、さらにFlashやJavascriptを使用したコーディング実績などがあると高く評価されます。

最近では新しいワークスタイルとして週3勤務のWEBデザイナーの仕事を行いながら、他の日はフリーランスのWEBデザイナーとして様々な発注を受けたり、または自分でスマートフォン向けのアプリのUIデザインやキービジュアルの作成、WEBコンテンツ向けのデザインを行ったりする働き方もあります。このようにワークスタイルは大変多様化しており、特にパソコンとネット環境、そしてスキルがあれば様々な仕事を行っていけるWEBデザイナーという職種は、こういったビジネススタイルも確立することが出来ます。

週3勤務のWEBデザイナー求人を見つけるためには、転職支援サイトなどを活用して、広く情報を集めていくことが大切です。実際に週3勤務が可能であったとしても、残業や休日出勤が発生するような企業ではあまり意味がありません。そのためサイトを利用してその企業の勤務状況や職場環境、残業の有無などについて確認しておくことも大切です。専門のコンサルタントが対応するところであれば、適宜質問などをして十分に情報を集めた上で応募を行っていくことが大切です。


Copyright © 2014 【WEBデザイナー求人東京ナビ】 All Rights Reserved.