【業務委託】のWEBデザイナー求人情報

TOP >> 勤務形態 >> 業務委託

業務委託のWEBデザイナー求人を探すなら!

WEBデザイナーとして働く方法は、企業に就職して働くだけではありません。企業に就職しない、または独立してフリーランスのWEBデザイナーとして活躍している方も大勢います。業務委託とは会社側と対等な関係で仕事の依頼を受け、あくまで自分が事業の主体(事業主)となって働く方法となるため、会社に雇用されないので雇用保険や労働基準法に基づく保護なども発生しません。一方取引を行っている企業とは対等な関係が築かれ、そのため実力やスキルに応じて高い収入を得られるケースも多いことから、WEBデザイナーとして十分に経験を積んできた方などは独立して、他の会社の業務委託などを受けて仕事をするといったケースも多く存在しています。また企業規則などに縛られる必要が無いため、契約通りの納期や職務を全うするのであれば、自由に就業場所や就業時間などを選択することも可能なのが特色です。

業務委託でWEBデザイナーの仕事をしていく場合は、完全に自身のスキルや知識、顧客との営業力・商談能力・アフターケアといったコミュニケーションのスキルなども非常に重要になってきます。それと同時に企業との間に結ばれる業務委託契約において双方に行き違いやトラブルを発生させないように、契約書をしっかりと確認しておかなければなりません。さらにWEBデザイナーとしての仕事以外に税の確定申告や共済、社会保険などの加入契約、さらには企業からの支払いの確認なども自分で行わなければならないことになるため、それらの知識も十分に備えておかなければなりません。

業務委託とSOHOの違いですが、これは明確でSOHOは業務委託の一種と考えられます。一般的には業務委託とした場合、在宅もしくは実際に企業または顧客の職場に出向いて仕事を行う場合の2ケースに分類されます。実際に業務委託の求人を行う際は、就業場所はどこなのか、出勤や就業時間などについて規定されているのかどうかなどを事前に調べておきましょう。もし業務委託としていても就業場所が固定されており、かつ事実上の雇用形態が形成されている場合には労使関係が発生している場合もあるため、その場合雇用保険や社会保障、労基法などの対称となるのでしっかり確認しましょう。

業務委託のWEBデザイナーの求人を探す場合は、IT業界に精通しており、さらに様々な雇用形態で求人情報を探すことの出来る求人サイトを利用することが大切です。雇用形態で検索することができれば、様々な雇用形態への需要に応えられる求人情報を取り扱っていることがわかり、そういった信頼出来るサイトを活用していくことで、自分の望むスタイルで仕事を行っていくことが出来ます。


Copyright © 2014 【WEBデザイナー求人東京ナビ】 All Rights Reserved.